マンションと戸建住宅の資産価値

住宅を購入しようと思った場合に、最初に考えなければならないのがマンションか戸建て住宅かの違いでしょう。
マンションで生活をするためには管理費などが必要となります。ですから、戸建て住宅の場合に比べるとトータルで支払わなければならない費用は大きくなると考えられます。
費用はかかるのですが、手間はかからないと言うことも特徴の一つだと考えられるでしょう。
マンションでは共用部分の管理は管理組合が行ってくれます。管理費などの費用はそのために支払っているものです。
管理組合が行ってくれるわけですから、自分で管理をしなくても良いというメリットはあります。戸建て住宅の場合には、敷地内のものはすべて自分で管理しなくてはなりません。
管理をするだけではなくて、もちろんですが修繕するための費用も支払わなければならないのです。住宅は常に手入れをしていかなければなりませんから、修繕計画を立てていかなければならないのです。
利便性で考えればマンションのほうがすぐれているでしょう。たいていは立地の良い場所に建てられます。駅前の便利な場所に建てられるのが一般的でしょう。戸建て住宅は、この面では少しデメリットがあります。
安い戸建て住宅を探そうと思えば、どうしても駅から遠くて不便な場所になりがちなのです。
将来的な資産価値を考えた場合、マンションは最終的に資産として残るものは非常に小さいのですが、戸建て住宅は最終的に土地が残りますから、資産は残るという違いがあります。



  英会話マスターへの道 All Rights Reserved.